当院で行える
検査について

About inspection

胃・肝臓・消化器の検査
胃カメラ

鼻から入れる経鼻内視鏡も
お選びいただけます。

大腸カメラ

日帰り大腸ポリープ切除も行います。

腹部超音波検査

腫瘍や結石の発見に欠かせない検査です。

血液生化学検査

コレステロール値や腎機能、
肝機能を検査します。

ピロリ菌検査

容器に息を吹き込んで、呼気を調べる検査です。

生活習慣病の検査
血圧脈波検査

血管の硬さや詰まり具合を
測定し、動脈硬化の進行度を
知ることができます。

頸動脈超音波検査

簡便で視覚的に
頸動脈の動脈硬化や
プラーク形成の診断が可能です。

神経伝導検査

神経伝導検査を行うことで、
糖尿病性末梢神経障害の
早期発見ができます。

感染症検査

インフルエンザや
マイコプラズマなどの
ウイルス検査を行います。

呼気NO濃度測定検査

喘息の診断や
“気道の炎症状態“を
評価できます。

当院では他にこのような検査も受けていただけます

肝機能検査・糖尿病検査・脂質検査・腎機能検査・甲状腺機能検査・膵機能検査・痛風検査心筋検査・炎症マーカー・血液検査

健康な生活を送りたいあなたへ

病気による死亡原因の多くは、未だに「がん」です。快適な生活を送るためには、健康な臓器が必要不可欠です。
現在では、簡単な採血でがんのリスクを調べる方法や、苦しさの少ない内視鏡検査や超音波検査など負担の少ない検査ができるようになっています。当院では、大きな病院に行かなくても、しっかりとした検査を行えるように設備を整えています。自覚症状が出てからでは、医療費の負担も大きくなりますので、定期的に検査を受け、現在の健康状況をしっかりと把握されてはいかがでしょうか。

腹部超音波検査
(エコー検査)

高画質で精密な判断が可能

肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓、子宮、卵巣、前立腺などの微細な病変を苦痛なく検査することができます。腫瘍や結石の発見に欠かせない検査です。特に、慢性肝炎や肝硬変において、定期的に検査することで、肝臓がんの早期診断に有用です。当院では、鮮明、高画質な映像がえられるよう、高性能な機種を導入しております。

エコー検査ではこのような疾患が分かります

【肝臓】肝腫瘍、肝血管腫、脂肪肝、肝のう胞、肝血管異常
【胆のう】胆のう結石、胆のうポリープ、胆管拡張、胆のう、胆管がん、胆のう腺筋症
【膵臓】膵のう胞、膵腫瘍、膵委縮、膵管拡張、膵石
【腎臓】腎委縮、腎孟拡張、腎血管筋脂肪種、腎結石、腎腫瘍

検査を受ける際の注意点

・午前の検査の方は、朝食は食べずにお越しください。
・午後の検査の方は、昼食を食べずにお越しください。
・女性の方は、ワンピースの着用を避け、上下が分かれるタイプの服を着用ください。
・常用の薬の服用はできますが、糖尿病の薬の服用はご相談ください。

血液生化学検査

緊急疾患の診断に有効な迅速な血液検査

当クリニックでは、悪玉(LDL)コレステロール、善玉(HDL)コレステロール、中性脂肪、血糖、ヘモグロビンA1C(糖尿病のマーカー)、腎機能、肝機能などを院内で検査することができます。そのため、緊急時には迅速(30分以内)に結果をお知らせすることができ、再度来院してもらうことなく、その場で診療に活かすことができます。CRPなどの炎症マーカーや血清アミラーゼの測定も可能なため、肺炎などの感染症や急性虫垂炎・急性膵炎などの急性疾患の緊急対応にも有効です。

ピロリ菌検査
(尿素呼気試験)

容器に息を吹き込んで、呼気を調べる検査です。
最初に呼気を採取し、その後特殊な尿素製剤である試験薬を飲んでから20分ほど置いてから再び呼気を採取します。患者さんには全く体への負担がなく、 30分ほどで終了する簡単な検査で、かつ性能も優れているので、特に除菌治療をしたあとに確実に除菌できたかの判定によく使われる検査法です。
ピロリ菌は、乳幼児期(2~5歳)に口から入りこみ、自然に消えることなく胃の中に棲み続けて、胃炎や潰瘍、そして胃がんを起こす原因となります。
現在でも、日本人の2000~3500万人に感染していると考えられ、働き盛りの30~50歳の方だと約3割の方が感染しています。 ピロリ菌に感染していると10年で約3%の方が胃がんになるとデータで出ています。
ピロリ菌を除菌すると、潰瘍から胃がんになる確率を減らすことが出来ます。また年齢が若いうちに除菌すれば、胃がんになる確率を減らす効果は大きくなります。

血圧脈波検査

高画質で精密な判断が可能

血管の硬さやつまり具合を測定し、どのくらい動脈硬化が進行しているかの目安を知ることができます。
手足4か所の血圧を同時に測定し、5分~10分程度で終了します。痛みはないのでご安心ください。
多くの病気の引き金になる動脈硬化ですので、早めに進行具合を知っておくとよいでしょう。

エコー検査ではこのような疾患が分かります

喫煙をしている方・運動不足と思われる方・動脈硬化が気になる方肥満(メタボリックシンドローム)である方・高血圧、脂質異常症、糖尿病の治療を受けている方・身内に心臓病、脳卒中になった人がいる方

頚動脈超音波検査(エコー)

簡便で視覚的に動脈硬化の診断が可能

動脈硬化を測定する際に放射線による被曝がないため、体への負担が少ない検査が可能です。頸動脈壁にあるプラーク(かたまり)の状態や、狭窄部分(血管の狭くなってしまった部分)の血流の速度、血流の方向などの確認ができる検査です。

神経伝達検査

糖尿病患者の糖尿病性末梢神経障害の早期発見にお役立ていただけます。
糖尿病の慢性合併症の中に、細小血管障害があります。糖尿病の3大合併症といわれている ①網膜症、②腎症、③神経障害です。糖尿病性末梢神経障害の中でも感覚神経の障害が最も早くから起こると考えられています。また、しびれや痛みなどの自覚症状がみられる前から、感覚神経の障害は起きています。そのため、腓腹神経(感覚神経)の神経伝導検査を行うことで、糖尿病性末梢神経障害の早期発見ができます。

神経伝達検査について

・検査時間は約3分間
・足の腓腹神経の神経伝導速度と活動電位振幅を計測します。
・数量的に評価することができ、正確で再現性のある検査が可能です。

感染症検査
(富士ドライケム IMMUNO AG2)

この機器はウイルスや細菌を高感度に検出する事ができ、適切な治療を早期に開始できる事が期待されます。
インフルエンザにおいては、通常の検査では検出が難しい発症早期の場合でも診断が出来ることがありますので、ご相談下さい。
また、マイコプラズマ検査ついても全例でこの機器を用いて検査しております。

測定項目について

マイコプラズマ抗原・インフルエンザウイルス抗原A/B・RSウイルス抗原・アデノウイルス抗原・A群ベータ溶血連鎖球菌抗原

呼気NO濃度
測定検査

喘息の診断や“気道の炎症状態“を評価する、新しい機器を導入いたしました。
この機器では、吐いた息に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度を測定し、気道の炎症状態を評価します。
炎症の程度が分かれば、それに応じて薬の投与量を増減することも可能なため、治療の効率化にもつながります。
風邪をひいた後は、せきだけが治らずに続くケースが多く、患者の約30%は本格的なぜんそくに移行します。
早期に適切な治療を始めれば移行の確率を下げられるため、
ほかの慢性的なせきと鑑別できる呼気NO測定への期待は、大きく膨らんでいます。

内視鏡内科

ENDOSCOPY

患者さんの負担が少ない内視鏡検査
鼻から胃カメラ 眠って胃・大腸カメラ
日帰り大腸ポリープ切除も行います

各種検診について

MEDICAL EXAMINATION

さかまきクリニック

内科・消化器内科・内視鏡内科・小児科

442-0857 豊川市八幡町東赤土83-4

0533-87-6700
24時間オンライン予約
診療時間 診療時間